日本は年々医療費が増大していて、それが財政を圧迫し始めています。

一人暮らしの生活を続けるために必要なこと

生活習慣病を予防すると医療費も削減できる

一人暮らしの生活を続けるために必要なこと 日本は年々医療費が増大していて、それが財政を圧迫し始めています。何らかの対策を講じなければ、近い将来財政破綻をしてしまうのではないかとも言われています。高齢化が進んでいるので医療費はどうしても増大してしまう傾向があるのですが、個人個人が生活習慣病の予防に気をつければ相当程度右肩上がりのスピードは抑制できると指摘されています。バランスのいい食事を摂るように心がけるだけでも、重篤な病気になる確率を大幅に減らせます。禁煙するだけでも、がんになる確率を低減することができるでしょう。他にも、睡眠をたくさん取ってストレスを溜めないようにしておくだけで精神病の予防ができます。工夫をすれば、医療費の増大に歯止めをかけることはできます。

ですから、これからは日本の社会全体で生活習慣病の予防を推進して行かなければなりません。政府はすでに予算をつぎ込んで対策に乗り出しています。ですが、政府の力には限界があります。民間の協力が必要不可欠になることを忘れてはいけません。民間企業が生活習慣病の予防を推進するような健康サービスを開発することが強く求められる時代になっているわけです。ヘルスケアを伸ばすのは、新しい産業を育てるという意味においても大事なことです。

ピックアップ

Copyright (C)2019一人暮らしの生活を続けるために必要なこと.All rights reserved.